2015年06月30日

【犬のおもちゃ】ぱんつの余生。

まさかこんなことになるとは思いませんでした。

かれこれ数年にもなりましょうか。
ご主人のぱんつとして買われて、辛いときも、苦しいときも、ごめんの下半身を守ってまいりました。
が、よる年波にはかないません。
ほつれ、やぶれて、とうとう穴があいてしまいました。

「もうだめだねえ」

そして、きれいに洗われて、焼却場にいく運命だったはずなのです。

それがどうでしょう。
獰猛な動物に、噛まれ、振り回され、いまではその動物のよだれでべしょべしょです。
ご主人がわたしをくるくる丸めて放り投げると、その獰猛な動物はわたしをがっちりくわえて、ご主人のところに駆け寄るのです。

ご主人も、その獰猛な動物も、とてもたのしそうです。
みなが喜んでくれるなら。。。
そう思いながらも、はたしてわたしのぱんつとしての人生がこれでいいのか、ふと湧いてくる疑問は押し止めようがありません。

(ぱんつ)


posted by わん&にゃん at 07:37| Comment(0) | 犬のおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: